サイドラインズ|副業ウェブマガジン

せどりには車があると便利。無くても電脳・外注化で代替え可能

これからせどりを始めようと思っている人の多くが気にする事。それは「車」です。僕もそうでしたが、田舎に住んでいながらせどりをしようと思うと、やっぱり車が必要だなと感じていました。実際にせどりをしている期間は車があってかなり助かりました。

今回はせどりをするに当たっての車の重要性や、車を持っていない場合のせどりの方法に関してご紹介していこうと思います。

実店舗でのせどりでは車は運送・移動手段として大活躍

たくさんの商品を安く仕入れて高く売るのがせどりの基本です。おもちゃ屋や家電量販店などの実店舗でのせどりを行う人にとって、たくさんの商品や重たい商品を仕入れる際には、荷物の運送手段としてやはり車は必須です。さらに田舎だと店舗の数が少なく、住んでいる市区町村だけではなく隣の市区町村や、時には隣の都道府県に遠征に行くことも少なくありません。そうなると自分の移動手段としても車は重要です。また夏の暑い日、そして冬の雪が降る日に、自転車や徒歩で店舗を回って仕入れをするのは本当に大変です。

せどりの仕入れ時のガソリン代などはもちろん経費になる

せどりの仕入れに車を使う場合、その車代やガソリン代、駐車場代などは全て営業のために必要な経費になります。これは結構グレーゾーンかもしれませんが、私の知り合いは専業でせどりを行っていて、どんな店に行っても仕入れできるものが無いか探すので、どこに行く場合でもガソリン代や高速代・駐車場代などは経費として計上していましたね。

車が無くてもせどりを行う事自体は可能

あると本当に便利な車ですが、実際にせどりを行っている友人を見ていると、車が無くてもせどりでお金を稼ぐことは可能です。私の知合いで京都に住んでいる宮本さん(通称、もっさん)という人がいるのですが、彼は車を持っていませんが、それでも月に利益で50万円ほどせどりで稼いでいます。

車が無いなら電脳せどりにチャレンジしてみよう

もっさんが車も持たずにどうして月に50万円も稼ぐことが出来ているかというと、いわゆる「電脳せどり」という手法で商品の仕入れを行っています。電脳せどりというのは楽天、ヤフオク、メルカリ等の大手ECサイト、オークションサービス、フリマアプリなどを使って、ネットで商品を仕入れることを指します。

この手法であれば、車を使って実店舗を回る必要は無く、さらには自宅で仕入れを完結出来るので車が必要ありません。電脳せどりの手法は別の記事で詳しくお伝えしていきますが、中には「Amazonで仕入れてAmazonで売る」という「刈り取り」という手法もあったりします。凄いですよね・・・。

車が無くてもせどりの仕入れを外注するという離れ業も

もっさんは電脳せどりで仕入れを行っているとお伝えしましたが、実はその仕入れ自体も外注しています。小さいお子さんがいる主婦で、日中に外に出ることが出来ない方等にせどりの仕入れを教えて、ネットショップを見て回ってもらって代わりに仕入れを行ってもらったり、土日にデパートや家電量販店に家族で買物に言った時に、仕入れできそうな商品が見つかったら連絡をもらって、代わりに仕入れを行ってもらうという手法です。

仕入れを外注するというのは驚きの手法ですが、確かにそれが出来れば、自分は仕入れにでかける必要が無くなるので、車も必要なくなります。賢いやり方ですね。

このようにせどりをする場合には、車はあった方が様々な場面で役に立ちます。ですが車は無ければないで、せどりを行う事自体は可能です。「せどりをしたいけど車が無いからな・・・」とお悩みの方は、車の代替え手段がないかを一度考えてみましょう。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

  • 人気の記事
  • ピックアップ記事
  • カテゴリー一覧
  • 話題のキーワード
Return Top