サイドラインズ|副業ウェブマガジン

会社員と天狗の顔を併せ持つ! ロックバンドThe TENGUZの仕事両立法

会社員と天狗の顔を併せ持つ! ロックバンドThe TENGUZの仕事両立法

こんにちは!
SIDELINESのMyoon(ミュン)です。

みなさんには趣味がありますか?

趣味と仕事の両立のバランスって難しいですよね。
私はベリーダンスにハマりすぎて会社員を辞めてしまったので、決してみなさんにいいアドバイスはできません(笑)

そんな悩み、フルタイムで会社員として働きながら活動しているバンドマンは、どう対処しているのでしょうか。

こちらは”天狗系ロックバンド”というニュージャンルを切り開いているバンド「The TENGUZ(ザ・テングズ)の楽曲「Dancing in TOKIO」のPVです。

CDやPVの制作、オーディションへのエントリーなど精力的に活動する彼ら。実はメンバー全員がバンドのほかにも仕事を持っており、複業をこなしています。

今回はそんな天狗系ロックバンド「THE TENGUZ」の紅天狗、クボ・マサロウさんにインタビューしました。

平日はサラリーマン、週末は天狗。天狗系ロックバンド「The TENGUZ」

天狗系ロックバンドTHE TENGUZ
左から:Vo/Gtクボ マサロウ、Drイヅナサブロウ、Baマキ タツミ、Gtカトウ ケン
Myoon
こんにちは! とても気になっているんですけど「天狗系ロックバンド」って、どういう意味ですか?

クボ
人間よ、よくぞ聞いてくれた。我々は東京~鹿児島まで各地の天狗族若手衆が集まり、2016年9月結成したバンドであるぞ。天狗族と人間の協和共存、および人間文化理解が目的であるゆえ、我々天狗族の文化を広められるこの機会、いたく歓迎しておる。

Myoon
……。

Myoon
あの~すみません、ちょっとその調子でインタビュー書き起こすの辛いので、「普通に」お願いできます?

クボ
わかりました。今日はなんの話でしたっけ?

Myoon
(ホッ)クボさんは天狗系ロックバンド「THE TENGUZ(ザ・テングズ)」のギターボーカルをされているんですよね。
一方でほかにも仕事をされているそうですが、普段はどんなお仕事をされているんでしょうか?

クボ
普段はIT系企業に勤める会社員です。僕を含めたメンバー全員がバンド以外に仕事を持っています。

Myoon
なるほど。会社員は本業、バンドは副業という感覚でしょうか?

クボ
副業ではないですね。でも趣味と言うには度が過ぎているし、ライフワークに近い存在です。

Myoon
度が過ぎていると感じるのはどういう部分ですか?

クボ
僕、バンドがやりたくて2度転職してるんですよね。

「バンドやりたいので辞めます」と転職

天狗系ロックバンドTHE TENGUZ
バイヤーの仕事で訪れた海外展示会で新商品を買い付けている様子
クボ
僕は鹿児島出身なんですが、バンドは高校の時に始めて、大学時代は軽音サークルでガッツリやってたんですよ。就職で東京に出てきたのは、仕事も音楽も、もっと大きいところで自分を試したいという気持ちがありました。
ところが、新卒で最初に就職したのが旅行会社が毎日残業続きで毎日終電で、それなのに収入も少なくて。
バンドができないくらい余裕のない生活を何十年も続けられないと思いました。
それで「バンドができないから辞めます」と上司に本気で言ったら、「何考えてんだお前」って本気で怒られましたけどね。

Myoon
次の会社では晴れてバンド活動ができましたか?

クボ
はい。1社目を辞めると決めたときにフライング気味でメンバー募集を開始して、2社目に移ったころにはメンバー集めに成功してバンドを始めていました。
その会社は結構ホワイトで、出社も月曜だけでOKだったんですよ。ほかの日は車で家からお客さんのところへ行って直行直帰。16時には大体仕事が終わっていて、あとは車内で歌の練習をしながら家を目指してました。

Myoon
でもまた転職されたんですね?

クボ
僕たちは週末にライブを入れることが多いんですけど、業種的にどうしても土日に仕事が入ることがあって。
あと、バンドを優先した結果、仕事は単調な営業を選んでしまったのですが、もっとクリエイティブな仕事がしたいという気持ちがありました。

Myoon
いまはどんなお仕事をされているんですか?

クボ
大手IT企業でECサイトのバイヤーをしています。ECサイトは巷にあふれていますが、セレクト要素の強いショップです。仕入から販売ページのディレクションまで行うので、面白いですね。メーカーさんとタイアップして、オリジナル商品を開発することもあります。

Myoon
バイヤーって楽しそう! バンドとの両立はできてますか?

クボ
2社目に比べると残業が増えましたが、土日祝日はしっかり休めるので、いまのところバンド活動に支障はないです。

Myoon
バンドができる余裕があって、かつ楽しめる仕事。バンドと仕事のバランスはなかなか絶妙ですね~

「好きなことをただひたすらやっていればよかった」

Myoon
今後も会社員とバンド活動は両立させたいと思われますか?

クボ
社会人になったばかりのころは、会社員として安定して稼いだお金を好きなだけ好きなことに使うのがいいと思ってました。だから、好きなことは仕事にしないほうがいいんじゃないかと思ってたんです。
今では、時代が変わったのもあって、お金が稼げれば会社員である必要はないなと思います。
周りを見渡してみて、いま好きなことをやっている人っていうのは、昔から腹決めてそれだけやってきた人たちなんだなとわかるので。
もっとビビらずに、好きなことをただひたすらやってればよかったなと思うときもありますね。

Myoon
早くからその道を覚悟している人たちは強いですよね。
いま会社勤めをしている人たちには、バンドなどの複業を持つことを勧めますか?

クボ
僕の場合は、バンドをやらない人生がもう考えつかないんです。
バンドじゃなくても好きなことならなんでもいいと思うんですが、そういうのがないとモノクロな人生になりやすい気がする。
日々に彩りを加えるというか……税金納めるためだけに生きてるのってどうなの? って(笑)
少しでも人生をカラフルに彩るには、やっていて楽しいこと、やらずにはいられないことがあったほうがいいと思います。

天狗系ロックバンドTHE TENGUZ

「時代が我々に追いつくまで続ける」

Myoon
仕事もバンド活動も行っていると忙しそうですが、バンド活動はどれくらいの頻度でされているんでしょうか?

クボ
本当は週2回ペースでやっていきたいんですが、仕事との兼ね合いで現状は週1回集まって練習しています。土日のどちらかを使って、1回4~5時間スタジオにこもっています。
あと、ライブは月1回ペースでやろうと始めましたが、最近は月2回に増えてますね。

Myoon
活発に活動されてますね! ズバリ、THE TENGUZは売れると思いますか?

クボ
いい線行ってると思ってますよ(笑)
というか、世の中に気づいてもらえるかもらえないかだけの違いだと思うので。気づいてもらうためには多くの人に触れる必要があるし、続けたもん勝ちなんですよね。
続けたヤツが生き残る。
だから、時代が我々に追いつくまで続けます。

Myoon
ちょっと上から目線?

クボ
天狗ですからね(笑)

天狗系ロックバンドTHE TENGUZ

Myoon
The TENGUZのライブはどこで観られますか?

クボ
「池袋Adm」はよく出させていただいてます。ほかにも新宿、高円寺、下北沢などが都内近郊が主です。
詳しくはTwitterやFacebookで告知していますので、ぜひフォローお願いいたします。

和風のギターリフとキャッチーなメロディ、天狗ビジュアルが魅力のThe TENGUZ。
みなさんもぜひライブに足を運んでみてくださいね。

<The TENGUZ公式リンク>

-Twitter The TENGUZ @the_tenguz

-YouTube The TENGUZ

-アメブロ 天声人外 ”TEN-SEI-JIN-GAI”

-Facebook 天狗系ロックバンド「The TENGUZ」

-チケット予約サービスFRAMU The TENGUZ ライブチケット予約

とても仲がよさそうなThe TENGUZのメンバー。実はネットでメンバーを集めた「出会い系バンド」なのだそうです。 後編ではバンドならではの人間関係構築、セルフプロデュースなど、会社員をしているからこそ感じるバンド運営術について伺っていきます。

後編はこちらから↓↓

 

Profile image
ベリーダンサー 日韓翻訳・通訳家 エスニックグッズバイヤー ベリーダンサーとして舞台に立ちながら、言葉のお仕事もしています。 ホームページでは日々のベリーダンス活動やオリエンタル文化を発信中。 写真いっぱいのブログはこちら ⇒BLOG「Myoon.asia」 好きなこと:住むように旅すること

ライターについて

Myoon
ベリーダンサー
日韓翻訳・通訳家
エスニックグッズバイヤー

ベリーダンサーとして舞台に立ちながら、言葉のお仕事もしています。

ホームページでは日々のベリーダンス活動やオリエンタル文化を発信中。
たくさんの写真と一緒に出演情報も載せています。

好きなこと:住むように旅すること

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

  • 人気の記事
  • ピックアップ記事
  • カテゴリー一覧
  • 話題のキーワード
Return Top