サイドラインズ|副業ウェブマガジン

メールマガジンの自主登録・代理登録とは

メールマガジンの自主登録・代理登録とは

「自主登録」「代理登録」というのは、
それぞれメールマガジンの読者登録に関する用語です。

メールマガジンに読者が登録される際には2パターンあって、
「自主登録」と「代理登録」です。

自主登録というのは文字通り、メールマガジンの購読を目的として
メールマガジンの登録フォームに、メールアドレスを自分で登録をすることです。
ある意味、当然のことですよね。

一方で代理登録というのは、メールマガジンの登録フォームに、
自分で直接メールアドレスを登録することではなく、
メールマガジンの発行者によって代理で登録されることです。

「代理で登録されるケースなんてあるの?」
そう思う方も多いのではないでしょうか?

代理で登録されるからと言って、
自分のアドレスが勝手に登録されるわけではありません。

どんな時に代理登録されるかというと、代表的なのが「無料レポート」です。
無料レポートスタンドで、無料レポートをダウンロードした際に、
無料レポート作成者にアドレスが渡されます。

※無料レポートスタンドはダウンロードする時点で、
アドレスがレポート作者に代理登録されることを了承すると
ダウンロードすることが出来るようになります。

そのために、自分でメルマガの登録フォームはしていないのですが、
自分のアドレスが、無料レポートの作者のメルマガに登録されることになります。

「メルマガの登録って自主登録が当たり前じゃないの?」って思うかもしれませんが、
メールマガジンの読者を増やす際には、いまや無料レポートは欠かすことが出来ません。
実際に、僕(しのぶ)のメールマガジンの読者も
半分以上は代理登録で登録された読者です。
数多くの読者を獲得しようと思ったら、無料レポートによる代理登録は欠かせません。

ただメールマガジンをビジネスとして考える際の指標として
メールマガジンの「開封率」や「クリック率」という指標がありますが、
この開封率とクリック率は自主登録の方が高くなると言われています。

それは代理登録の場合、メルマガに登録することが「目的」ではなく
情報を得るための「手段」になってしまうからですね。

無料レポートや、無料のプレゼントの情報を得るためにメルマガに登録するだけで、
メルマガ自体を見ようとは思っていないというケースが
代理登録は多くなってしまうんですよね。

もちろん、代理登録でも読んでくれる読者はいますし、
メールマガジンの本質は、読者へのメリット提供なので、
最終的には代理登録にせよ自主登録にせよ、
「人に読ませるメルマガ」を自身が続けていくことが重要です。

代理登録も自主登録も、それぞれ強みと弱みがありますので、
バランスよく活用していくことが大事ですね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

  • 人気の記事
  • ピックアップ記事
  • カテゴリー一覧
  • 話題のキーワード
Return Top