【体験談】住宅の解体を副業にしている人に話を聞いてみた

こんにちは。サイドラインズの信夫です。

今回は住宅解体の副業をしている20代男性のわっちゃさんにお話をお聞きしてきました!

ガテン系の副業「住宅の解体」は材料の仕分けから

シノブ

わっちゃさん、よろしくお願い致します!住宅の解体の副業って、住宅を壊すっていうことですか?
大まかに言うとそうですね。使わなくなった住宅や経年劣化で住めなくなった住宅の解体作業です。まず、住宅には様々な材料が使われていて、それを仕分けする作業から始まります。大まかに「燃えるもの」「燃えないもの」「木」「不燃材料」「コンクリート」「鉄」とかに分けます。処分もそれぞれ違うため混ざってしまうと大変です。なので、建物をいきなり壊すのではなく、内側で作業出来るものは先に取り掛かり、最後に機械で壊していきます。

わっちゃさん

シノブ

そうなんですね。単純に壊していくんじゃなくて、材料毎に仕分けしていくんですね。実際にやってみた感想はいかがですか?

住宅の解体の副業の大変なところはやはり汚れること

実際に作業してみての感想は、汚れる仕事だなというのが1番に思いつきましたね。最初に手を付ける屋内の解体は、古い建物だと埃も凄く出てきます。なので防塵マスクは必須ですね。そのほかにも酷いところでは、ネズミのフンや掻きむしった跡のバラバラの木片とかが散らばり大変でした。あとは、基本は外仕事なので、天候に左右されるため、暑さ寒さ対策が必要で大変です。

わっちゃさん

シノブ

なるほど!この住宅の副業を始めたきっかけはどんな理由だったんですか?
元は空いている時間に何か副業出来ないかなと思っていた時に、そういった解体業の会社の社長さんと知り合いになったことですね。

わっちゃさん

住宅解体の副業は1日で8,000円の報酬だった。

シノブ

そうなんですね。その住宅の解体の副業ってどれくらいの報酬が出るんですか?
僕の場合は1回で8,000円でしたね。時間としては大体5~6時間で終わりました。特に何か機械を使うとかでなければ、それくらいなのかなって思いますね。

わっちゃさん

シノブ

あ、重機とかを使う人だとまたちょっと変わってくるってことですね。この副業の良いところはどんなところですか?
この副業の良いところは、そうですね~ストレス発散になることですね。仕分けはめんどくさいところもありますけど、やっぱり解体って身体を動かすので汗もかきますしスッキリしますね。

わっちゃさん

シノブ

なるほど!わっちゃさん、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です