サイドラインズ|副業ウェブマガジン

会社員と副業をバランスよく。週3勤務社員のススメ

会社員と副業をバランスよく。週3勤務社員のススメ

こんにちは。サイドラインズのOOXです。

ちょっと想像してみてください。

あなたは待遇面でも仕事内容でも特に不満もない会社に勤めています。

ある日突然上司に

「明日から週3日の出勤でいいよ! でもその替わり給料もボーナスも3/5だよ。」

と言われたらどうしますか?

「やったー!」と喜べますか?

それとも「やばい転職活動しなきゃ!」と考えますか?

今回、前編中編後編と3本立てでお送りしている経験豊富な伊藤さんならきっとこう言うはず。

「今の会社は好きだから辞めない。でも週2日好きに働けるなら、トータルで給料はアップすると思うし、おもしろそうだからやってみよう!!」

どうですか?こんなセリフが言えるような人になってみたいと思いませんか?

大丈夫。きっとなれますよ。ぜひこの伊藤さんのインタビュー記事をじっくり読んでみてください。

・伊藤さんとはどんな人なのか?
・自力で稼ぐ方法とメリットとはなんなのか?
・会社員として稼ぐ方法とメリットとはなんなのか?。

しっかりとレポートしていますので、ぜひ前中後編と3本立てで読んでみてください。

前編はこちら↓↓

販売の鉄則を覚えて、モノを売る「プロ」になろう!

中編はこちら↓↓

1つのことに特化すれば、理想の複業スタイルが手に入る!

真剣に副業に取り組む前に押さえるべきポイント

 

中編でご紹介した「アフィリエイト」という販売システム。
この「アフィリエイト」を活用して、おこづかい稼ぎ、もしくは生業とまでしている人のことを、総じて「アフィリエイター」と呼びます。

WEBについて勉強し、これからの時代はネット上の口コミでモノが売れるようになる。ということに気づいた伊藤さん。思い立ったら即行動タイプの彼女は、「今度はネットでモノを売ろう」と考えるようになります。

行き着いた先は、「化粧品の通販会社」。

ここで、インターネットを使ってモノを売ることを徹底的に学びます。
しかもお給料をもらいながら。

これって実はすごいことで、フリーランスの僕が、知識を仕入れるためには、自分のお金を使って専門書を買ったり、自分の時間を使ってインターネットで調べたりするのが当たり前なのです。

しかし「会社員」になると、新しいこと仕事を通して学べば、その時間にはお給料が発生します。しかも、セミナーやテキスト費用を「研修費」という名目で出してくれる会社もあります。

僕も前職時代にこれにはかなりお世話になった記憶があります。

ただ、自分が学びたい分野だけを特化して学ぶのではなく、現在担当している業務に関連する分野しか学ぶことができないのは、ツライといえばツライのですが……。

伊藤さんは、この化粧品会社で、アフィリエイターの発注元の立場を学びます。

近い将来、自分がアフィリエイトにチャレンジするにあたり、「本当にネットの口コミだけで会社規模の商品が売れるのか?」を実感するためでした。

そこでやはり「アフィリエイト」の素晴らしさを実感した伊藤さん。

今度はアフィリエイトの広告主とアフィリエイターをつなぐ代理店に転職し、徹底的にアフィリエイトを学びます。

仕事を通して、自分の興味のある分野。つまりは「アフィリエイト」を学び尽くした伊藤さん。
ついにはその社内で、「アフィリエイトの広告主」向けのセミナーを開催し、講師を務めるまでになります。

ブロガーパーティーなども主催!

学んだことは即実践タイプの伊藤さん。

この2社に所属している時期には、自らが実際にアフィリエイターとなり、アフィリエイトでの収益もだんだんとUPするようになっていきました。

 

ちなみに「即実践するスタイル」という伊藤さんの性格がよくわかる実績として、「痩せたいなー」と思ってダイエットを始めた結果、わずか4ヶ月で11kg減量しました!

その写真がこちら↓↓

11kgものダイエットに成功!

昼に学び夜に実践!「アフィリエイター」として急成長する秘訣とは?

日中は会社員をしながらアフィリエイトの勉強をし、退社後は自身サイトやブログをガンガン更新して、最終的にはアフィリエイト収入を安定して得れるようになった伊藤さん。

すごくないですか? 何が凄いかって言うと、しっかりとした副業を確立させたことももちろんですが、

僕としては、「昼間に給料をもらいながら学んで、夜は実践をして収入を得る。この仕組みを自分の意思で自然と作り上げてしまう」と言うところに正直関心しきりでした。

以前紹介した「学生兼音響オペレーターの安居くん」もそうですが、学んだことを即実践できる環境に身を置くことが、自分の急速な成長につながり、ひいては独立につながると言うサイクル。

成長を願って努力をする人は自然とそう言う環境に身を置くことになると言うことですね。

そして、遂にアフィリエイト収入が会社員の収入を超えた時、伊藤さんは「独立」を決断します。

普通であれば、
「伊藤さんは独立して以降、現在も一生懸命仕事を頑張り、事業の拡大に尽力しています」
と華々しく閉めたいところなのですが……

伊藤さんには「独立」と言うスタイルはあまり合わなかったようです。

独立のデメリットは「孤独」

アフィリエイターとして独立を果たした伊藤さん。

会社員の頃からライフスタイルは一転し、朝から晩まで自宅でパソコンにかじりつくことになります。

「朝起きてパジャマのまま朝ごはんを食べて、仕事を始めて、気づいたら夜になっていて、その日1日誰も会話せずにパジャマのまま終わってしまうこともあった」

と語る伊藤さん。

しかし、やったらやった分だけ収入として跳ね返ってくるフリーランスは、伊藤さんにとってさぞやりがいのあるスタイルかと思いきや……

「孤独に耐えられなくなった」

という理由で、早々に再度会社員に戻る決断をします。

また、「フリーランスは、これまで蓄積したノウハウを切り売りして生計を立てているような気がしてしまい、いずれ限界がくるのでは?と言う不安もあり、もっと人と会っていろんな刺激を受けたり、学びを得たいと強く思った」

と言うのも大きな理由なのだとか。

ただ、この会社員復帰という決断には独自の条件が。それがとても面白く、

「フリーランスとして自由に動けるメリットを残しておきたかったので、週3日のアルバイトでもいいから外に出る環境に身を置こうと思った」

という内容。

でも、自分の理想の合った会社と言うのはなかなか見つかるものではありません。
しかも、「週3日勤務で社会保険にも加入したい!」と言う強い希望があったので、会社選びは大変だったようです。

そうですよね。だって、週5日以上勤務する「通常スタイル」でも、自分に合う会社と言うのは中々見つからないものですから……

仕事のストレスは仕事で解消! 会社員とフリーランスのメリットを総取り!

一方、フリーランスのアフィリエイターとしては、順調に成功し、最終的には自分のサイトのみならず、「アフィリエイトに興味があります!」と言う方のコンサルティングもスタートしていた伊藤さん。

ここで、彼女はフリーランスとしてのストレスも感じるようになります。

それは、やはり「お金」について。

「インターネットって魔法みたいなものだと思っている人も多くて、ちょこっとやれば絶大な効果が出ると言う絵空事を描いているような人。いわゆるITリテラシーの低い人には苦労しました。インターネットの仕事の大半はコツコツとした地味な作業なんですが、それを理解してもらうのが大変でしたね。」

とのことで、やはり「プロ 対 素人」と言う構図では、お互いストレスフルになってしまうのかもしれません。

その認識の違いは金銭面ともなるとさらに乖離してしまい、

「大したことお願いしてないのに、こんなにかかるんですか?」

と言われたこともあるそうです。

そんなストレスを抱えながらも、派遣会社の力を借りて、「週3限定勤務、社会保険福利厚生付き」と言う理想の会社に出会えた伊藤さん。

その会社は今も在職している「プレスマン」と言うインターネットの広報会社でした。

株式会社プレスマン
https://www.pressman.ne.jp/

再度会社に所属して本当に良かったことは、

「同じ部署や課として、チームメイトがいつも側にいてくれる安心感。メンバーもそれぞれ知識や経験があり、基礎が一定レベルに達している人たちばかりなので、相談や打ち合わせをする際も話の通りがいいこと。」

なんだそうです。

やっぱり「気の合う仲間」と言うのは、ただ趣味が同じとか、価値観が似ているだけでもダメなんですね。

特に仕事仲間ともなると、ある程度同じ知識や経験が必要なのでしょう。
皆さんもビジネスパートナーを見つける上での参考にしてください。

半分会社員、半分フリーランスと言う伊藤さんにとって理想のスタイルを手に入れて良かったことは、もう1つ。

それは、「仕事のストレスを仕事で解消できること」

だそうです。

具体的には、
フリーランス業務で溜まった孤独や理解者不足と言うストレスを会社で発散!
→ 会社の仲間とコミュニケーションをとりまくる。

会社員として溜まった、全部が自分の思い通りにいかないことや苦手な業務を強いられることのストレスはフリーランスで発散!
→ 自分の好きな子や得意なことだけに思う存分集中する。

ことなのだとか。

コスプレを「変身」と呼ぶ伊藤さん。彼女の独創性が発揮された1枚!

 

独創的と言えば独創的ですが、会社員とフリーランスの両方を経験した僕にとっては、とても魅力的に思えました。

経営者におすすめ! 半フリーランス社員を雇いませんか?

さて、前中後編と3編に渡り長編シリーズでお伝えしてきた伊藤さんのインタビューレポートもいよいよクライマックス!

ということで最後に、
これからの展望や、これから半分会社員半分フリーランスを目指している方々にメッセージをもらいました。

伊藤
あ、ちょっといいですか?
OOX
あ、はい。(ついに会話として割り込んできたw)
伊藤
あの、私は読者というより、経営者のみなさんに伝えたいことがあるのですが……
OOX
お、大きく出ましたね。
伊藤
経営者のみなさん、これからの時代は副業です! ぜひあなたの会社にも副業OKのワークスタイルを取り入れてください!! 副業OKにすれば、社員の方々の知識も深まりますし、興味が持てる副業に出会えれば、会社が教育しなくても自主的に勉強してくれますし、社外のおもしろ人や優秀な人とのつながりも形成してくれます。つまりは、会社以外の世界が広がり、最終的には本業に還元してくれると思うんです!!
OOX
なるほど! 確かに!!(しかし、すごい熱量だ!)

ソフトバンクや、LINE、サイバーエージェントなど、主にIT企業を中心に最近では「副業、兼業OK」という会社も増えています。そういう背景には、伊藤さんと同じような考えもあるのかもしれませんね。

最後に僕からヒトコト。

OOX
伊藤さん、経営者になった方がいいんじゃないですか?
伊藤
今の生活がめっちゃ楽しいし安定してるので、先のことはぼんやりとしか考えてないですが、結果的にそうなったらそれが私にあってたってことなのかもしれませんね。楽しみです♪

この記事を読んで、「副業してみよう」と思ったそこのアナタ。

リスクの少ない副業や自分に合った副業をお探しなら、ぜひこのメディア「サイドラインズ」の記事をよく読んでみてください。

自分にあったワークスタイルを掴むヒントがたくさん載ってますよ!

前編はこちら↓↓

販売の鉄則を覚えて、モノを売る「プロ」になろう!

中編はこちら↓↓

1つのことに特化すれば、理想の複業スタイルが手に入る!

伊藤さんが管理しているサイトやブログ作成に役立つサイトの一覧はこちらから↓↓

世界のコスメから

Profile image

両親の離婚、父親の病気、祖父の介護などが重なったことをきっかけにフリーに転身。「やりたいこと」と「やるべきこと」のバランスを保つために試行錯誤しています。2児の父親(男の子と女の子)。「やりたいこと」の一環として、静岡県御殿場市でボードゲームバーを経営しています。

ライターについて

大楠 翔一
両親の離婚、父親の病気、祖父の介護などが重なったことをきっかけにフリーに転身。「やりたいこと」と「やるべきこと」のバランスを保つために試行錯誤しています。2児の父親(男の子と女の子)。「やりたいこと」の一環として、静岡県御殿場市でボードゲームバーを経営しています。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

  • 人気の記事
  • ピックアップ記事
  • カテゴリー一覧
  • 話題のキーワード
Return Top