サイドラインズ|副業ウェブマガジン

宅建士の資格で副業が出来るか?現役宅建士に聞いてみた

宅建士の資格で副業が出来るか?現役宅建士に聞いてみた

こんにちは。サイドラインズのシノブです。今回は不動産業界でよく耳にする資格「宅建士」の副業について、実際にどんな副業があるのか、現役宅建士のやつだたさんにお話を聞いてみました!やつだたさんは40代の男性宅建士さんです。本業はシステムエンジニアをなさっているそうなんですが、実は宅建士には少し不満を持っているようです。では御覧ください!

シノブ
やつだたさん、今日はよろしくお願い致します!まずは宅建士の副業でどんなお仕事をしているのか教えて頂けますか?(・∀・)

やつだたさん
よろしくお願いします!宅建士としての副業は、賃貸物件の紹介を行う不動産業者で宅建士として働いており、賃貸または、売買の仲介を行う業者にて借りる人や買う人に向けて宅地と土地の説明をするのが主な役割です。
シノブ
なるほど。ごめんなさい、「宅建」という言葉はよく耳にするんですが、実際はどんな資格なんでしょう?

やつだたさん
宅建士とは簡単に言うと、不動産の契約において重要事項の説明を行う時に必要な資格です。 逆に言えば資格の持っている者のみしか、重要事項の説明は できないのです。 なので本来は不動産関係従事者がよくとる資格です。 実際に不動産業に携わっている方でもみんながみんな持っているわけではありませんね。 不動産を扱う事業を行う場合には、その事業所の5人に一人の割合で宅建士がいなければならないという法律があります。 つまり、10人の従業者がいる事務所では2名の宅建士が、その事務所に常駐していることを義務づけられているのです。

システムエンジニアをしながら宅建士として副業をしている

シノブ
結構重要な資格なんですね。あれ?でも本業はシステムエンジニアさんなんですよね?どうしてまた宅建士を?

やつだたさん
元々宅建士の資格は大学の頃から勉強していて就職と同時に取得したのですが、その後全く違うIT業界に転職してしまったんですよね。でもせっかく取得した資格を活かさないのはもったいないなと思って、 この仕事は宅建士の資格を活用したいのでやっています。
シノブ
なるほど。元々は宅建士の資格を取って不動産関係で仕事をしていこうと思っていたんですね。今のその宅建士の副業は、いつやってるんですか?

やつだたさん
今は月曜から金曜までの平日はシステムエンジニアの正社員として仕事をしていて、週末の土曜、または日曜のほぼどちらか週一で賃貸物件の斡旋を行う会社で宅建士として仕事をしていますね。
シノブ
土日で行う副業なんですね。結構そういう土日だけの宅建士の求人ってあるものなんですか?

やつだたさん
そうですね。実は先程お話した事業所の5人に1人は宅建士がいないといけないという話は厳密には「専任(正社員)の宅建士」がいないといけないんですよね。ただ私は非常勤の副業なので、そのカウントの対象にはならないんです。ですが不動産業界は土日が一番忙しいんですよね。なので人手が足りていない事業所などではやはり重宝されますね。

宅建士の副業は、本業にも活かせる能力が身についていく。

シノブ
そうなんですね。システムエンジニアの本業と宅建士の副業、関連性はほとんどなさそうですが、並行して全く違うお仕事されてみていかがですか?

やつだたさん
業務内容としては全く関連はありませんね。ただそれぞれで活かせる能力が身につきますね。エンジニアの仕事はWeb系のシステムとかアプリの開発をしているのですが、プログラミングを自分で書くことよりも最近はマネジメントの方が多いです。なので自分の考えや会社の考えを、第三者に伝える機会も増えるんですよね。そうなるとやはり話す力というか、伝える力というのがとても重要になるんですが、宅建士の仕事を始めてからその力が養われていると感じます。
シノブ
不動産の契約の時って、結構丁寧に説明する必要がありますもんね。お客さんが理解出来ていなそうだったり、納得言っていない時には説明することも多そうですし。

やつだたさん
そうですね。プログラミングの仕事はどちらかというと、論理的に物事を考えてそれを形にしていくのが大切です。最終的に作るものの形を定めたり、そのために必要な要素の洗い出しとか。けどそういった本業の仕事も逆に宅建士の仕事では活きてきます。不動産関係の話は難しい話が多いのですが、お客さんに理解してもらうために、一番最適な順序で物事を伝えたり、論理的にお話することで男性のお客様にはより信頼して頂けたりするんです。
シノブ
本業も副業も、それぞれのスキルが活かされているんですね。凄い。週末の副業で大体毎月どれくらい稼げるものなんでしょう?

やつだたさん
私はアルバイトとして時給計算で給与が支払われています。週1回の勤務で大体月に5万円くらいの収入になっていますね。

宅建士の副業の給与は割に合わない?

シノブ
週1回の副業で5万円でしたら、給与的には悪くない副業かもしれませんね。実際やってみてそのあたりはどうですか?

やつだたさん
そうですね。慣れてしまえば業務自体は難しいことはありません。賃貸契約の場合だとある程度パターンが決まっているので、数をこなせば誰でも出来ることだとは思いますね。ただ、宅建士の資格は結構取るのに苦労したんです。宅建士の資格の合格率って大体15%くらいなので、そんなに簡単に取れる資格では無いんですよ。そして宅建士じゃないと出来ない仕事も多いんです。でもその割には給与としてはちょっと安めかなとは思いますね(笑)
シノブ
そうなんですね(笑)でもたしかに、システムエンジニアとしての給与だとそれこそ、週1の仕事でももうちょっと高くなりそうですもんね。

やつだたさん
案件によりますけど、フリーランスのシステムエンジニアの平均の報酬が1ヶ月100万と言われていますから、週1の稼働だとしても倍の5万~10万前後はもらえるかなと思いますね。今はとにかくシステムエンジニアはどこも足りてませんからね。
シノブ
システムエンジニアとしての副業は考えなかったんですか?

やつだたさん
考えましたけど、せっかく取った資格だしなーと思って宅建士の仕事を選びました。宅建士の副業は収入以外にもインプットすることもあるので、もう少し続けてみようとは思ってますね。
シノブ
なるほど。では最後に宅建士としての副業を考えている人に一言お願い致します!

やつだたさん
宅建士の副業は、人とのコミュニケーションが好きな人は向いていると思いますね。収入としても悪くは無いので、せっかく資格を持っている人はぜひやってみてはどうでしょうか!
シノブ
やつだたさんありがとうございました!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

  • 人気の記事
  • ピックアップ記事
  • カテゴリー一覧
  • 話題のキーワード
Return Top