サイドラインズ|副業ウェブマガジン

スニーカーオタクの高校生がファッション業界で活躍する複業家になるまで【前編】

スニーカーオタクの高校生がファッション業界で活躍する複業家になるまで【前編】

ライターの宅野です。皆さんは、「思わず集めてしまうモノ」ってありますか?

私は読書が趣味なので、雑貨屋さんに行くとブックカバーを手に取ってしまいます。
そして、デザインがかわいらしいモノだとつい購入してしまい、家の中がブックカバーだらけになってしまったこともあります(笑)。
今では、ちゃんと専用のブックカバー入れを導入し、ひとつにまとめておりますが。
周りにも、手ぬぐい集めが趣味で棚1つ分まるごと手ぬぐいが入っていたり、帽子を集めるのが好きだという友人がいます。

今回、お話を伺った起業家・横路一樹さんも「思わず集めてしまうモノ」がありました。いや、むしろ“オタク”と言っても過言ではないレベルの収集っぷり。さらには、そのオタクっぷりが仕事になってしまったのです。

今回は、そんな“オタク”な横路一樹さんの生き様について前後編でお届けします!

レアモノをGETするだけで満足!なスニーカーオタクだった

現在、起業家として買い物同行サービス「FashionAttendant(ファッションアテンダント)」を運営している横路さん。まず、ファッションの世界へ足を踏み入れることになったきっかけを伺いました。

宅野「現在、スタイリストをはじめ服に関するお仕事をされているとのことですが、なぜファッションの道へ進もうと思ったのですか?」
横路「僕、元々は“スニーカーオタク”なんです」
宅野「スニーカー! よくテレビで靴箱にスニーカーがずらーっと並んでいる場面を見ますが、もしかしてアレですか?」
横路「そんな感じです」

スニーカー画像
スニーカーを集めるのが大好きな高校生だった

おおー!久しぶりにスニーカー大好きな人と会いました。以前、勤めていた職場の上司もスニーカーオタクだったな……。

たくの
スニーカーを好きな人って、本当にレベルが違いますよね。なんていうか、熱量が違うと言いますか
横路さん
そうですね。学生時代はバイト代を全部スニーカーにつぎ込んでいました(笑)
たくの
……下世話なことを伺いますが、合計何足所有していて、総額いくらくらいだったんですか?
横路さん
18歳の時に100足で総額150万円ほどでしたかね。20歳のときには300足~500足(販売用含む)で総額300万円ほどはいっていましたね

うひょー!ピーク時だと300万円も!でも、好きなモノだとお金を出してしまうんですよね。

スニーカー画像
横路さんが高校生の時に集め始めたスニーカー
たくの
買ったら、ちゃんと履くんですよね……?
横路さん
履くものもほんと稀にありますが、ほとんど履かないですね
たくの
え、なぜですか?(スニーカーって履くものですよね)
横路さん
ものすごくレアなスニーカーだと自分のサイズが合わないこともあるんですよ。だけど、そういう貴重なスニーカーを見つけて安くGETできた事実が嬉しくて。所有欲ですね!それで満足してしまいますね

スニーカーって履かないこともあるんだ……。そういえば、スニーカーオタクの元上司も「○○年代生まれのどこどこのスニーカーをネットで見つけましてね、思わず買っちゃいましたよ」って言っていたな。それで「履き心地は?」って聞いたら「いや、飾るだけです」とか言ってたな。あの時は意味が分からなかったけど、好きすぎる人からすると、レアものを見つけるだけで満足できるということなんだろうな……いや、すごいぞ「スニーカーオタク」!

スニーカー探しからフリマの世界へ

フリマ画像
フリーマーケットでモノを売るおもしろさを知る

「スニーカーオタク」の横路さん、大学生の時にフリーマーケットと出会いました。この出会いが今の横路さんを作るきっかけになったのです。

たくの
横路さんがスニーカーオタクなのは分かったのですが、それがなぜファッションの道へ進むきっかけになったのですか?
横路さん
大学に入ってすぐ、東京出身のファッション好きなバンドマンと仲良くなったんです。ある日、彼に誘われて代々木公園のフリーマーケットに行ったんです
たくの
フリマでもスニーカーを探していたんですね
横路さん
そうなんです。やっぱり、貴重なスニーカーも売られていることがあるんですよ。宝探しみたいでワクワクしましたね

フリマって「着なくなったものを売る」=「リサイクル」の印象が強かったのですが……。レアものを発掘するための“宝探し”という発想はなかったかもしれません。

横路さん
何度かフリマに行くうちに、自分でもモノを売りたくなって。それで、ある時にブースを借りて、自分が持っていたアイテムを売ったんですよ。そしたら、1日で10万円を売り上げることができたんですよ!
たくの
え、初めてのフリマ販売でですか?(ビギナーズラックとかいうやつか?)
横路さん
そうなんですよ。元々安く買い集めていたアイテムたちでしたので、元値よりもすべて高く売れました。当日の朝に私物で買ったデニムのカバーオールなんて、最後売るものが無くなったので出しておいたら朝6,000円で買ったのが15,000円で売れちゃいましたw

そんなことってあるんですね!

横路さん
他にも、先輩から譲ってもらったリーバイスのジーンズも売りました
たくの
そんな大事なものを!?
横路さん
定価16,000円の3年履き込んだジーンズを、最後の最後に売るものがなくて1点だけ出しておいたんです。売るつもりは無かったのですが、「どうしても欲しい!」という方に2万円で売ったんです
たくの
2万!
横路さん
ダメージ加工をしたジーンズって、今では気軽に手に入りますよね。でも、僕が学生だった頃はなかなかなくて。自然と良い感じに色落ちしていたのが良かったみたいです
たくの
(売る側も買う側も熱量半端ない)

確かに、当時にしてみれば、ダメージジーンズはおしゃれだけど貴重なモノってイメージが強かったかも……。

横路さん
自分で買ったものに買った以上の価値が付くことに魅力を感じたんですね。それでフリマでモノを売ることが楽しくなっちゃって、なんちゃってバイヤーみたいなことをしていました
たくの
スニーカー探しにフリマへ行ったら、売る方に興味を持ってしまったわけですね
横路さん
はい。そしてフリマでの販売だけでなく、雑誌通販、地方セレクトショップへの卸販売、ヤフーオークションを利用したリサイクル事業へ発展させていきました

ん?急に話が大きくなったぞ?

大学を中退、24歳の時に50坪の路面店でブランド古着店を立ち上げる

ディグラグ画像
大学を辞め、ブランド古着の専門店を立ち上げた
たくの
なんでまた、フリーマーケットからネット販売へ移行したのですか?
横路さん
だんだんと在庫が増えてきてしまって。僕、お金を贅沢な遊びや車や時計などに使うことに興味がなくて、売上金を生活費以外全て新しい商品の仕入れに回していたんですよ
たくの
……確かに、それだと売上が上がるほど買えるモノも増えちゃいますね

あまりの展開の速さにびっくりです。しかし、気になることがあります。

たくの
……フリマを始めた頃は大学生だったんですよね?すいません、学校はどうなされたんでしょうか?
横路さん
あ、僕、中退しています
たくの
随分あっさりと!
横路さん
はい(笑)。まあ、最高に楽しくてしかも儲かって、そんなやりたいことができたので、学歴はもういいかなと

その、思い切りの良さを分けて欲しいです! 横路さんのお話を聞いていると、とにかく迷わず、サクッと行動していることでチャンスを掴んでいるように思えます。まだまだ波瀾万丈な人生を送る横路さん、後編でもさらなる展開が待っております。

>>後編へ続く<<

0.0 rating

ライターについて

ライター宅野美穂
東京都生まれ。宣伝会議 編集・ライター養成講座32期受講。都内を中心にライターとして活動中。

主な執筆ジャンルはグルメ、インテリア、ファッション系などさまざま。趣味は読書と音楽鑑賞。ポルノグラフィティと推理小説があれば生きていける30代。

飲食関連の仕事に関わったことがきっかけで興味がわき、今は料理や食材について勉強中。よろしくお願いいたします。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

  • 人気の記事
  • ピックアップ記事
  • カテゴリー一覧
  • 話題のキーワード
Return Top