サイドラインズ|副業ウェブマガジン

富士山の麓で育ったフツーの女の子が「複業女子」になるまで【歌と光編】

富士山の麓で育ったフツーの女の子が「複業女子」になるまで【歌と光編】

子どもの頃、どんな夢を見ていましたか? パイロット、ケーキ屋さん、歌手、お嫁さん……。誰しも、何かしらの夢を抱いた経験があるかと思います。
ちなみに筆者は、小学生の頃は小説家、中学生の頃は音楽ライター。「もの書き」という意味では、なんだかんだ叶ってるじゃん、自分。

富士宮にも、幼い頃に夢を抱いた女性がいました。その夢とは、「服飾デザイナーになること」。
彼女は、夢を叶えました。「ミシンガー ライティング ファーマー」として。……いや、服飾デザイナーはどこへ行った? というより、なんかいろいろ増えてない?

というわけで、今回は異色の複業女子・平野有紀さんに、「ミシンガー ライティング ファーマー」とは何なのか、どのような経緯で誕生したのかを伺いました。

服飾デザイナーを夢見た少女は美容師を経てギターを手にした

ミシン画像
子どもの頃の夢は服飾デザイナー

幼い頃から、ミシンで縫い物をするのが好きだった平野さん。小学校4年生の頃には、既に「服飾デザイナー」という夢を抱いていたそうです。

平野さん
子どもの頃、お人形さん遊びをしたことはありませんか?
たくの
あります!
平野さん
そのお人形さんのお洋服を作りたいと思ったんです。かわいいドレスとか着せたくて
たくの
さすが、女子ですね

同じ女子のはずの宅野、お人形さんのお洋服を作るほどのスキルはありませんでした……。

たくの
それで、服飾デザイナーを目指したんですね?
平野さん
本当はそうしたかったんですけど……。ちょっと難しくて、高校を卒業してからすぐに就職したんです

まあ、そんなこともあります。私自身、文章でお金をいただくライターになれたのは30代に入ってからですし。

たくの
何のお仕事をなさっていたんですか?
平野さん
美容師です。お仕事をしながら美容師の免許を取って
たくの
へー
平野さん
でも、約8年ほどで辞めました
たくの
あら
平野さん
仕事は楽しかったんですけど……。人間関係でちょっと上手くいかなくて

これは「あるある」ですね。私も同じ経験があります。どんなに楽しい仕事でも、人間関係で上手くいかなくなると、途端に嫌いな仕事になってしまうんですよね。いやー、分かります。

平野さん
それで、美容師を辞めて
たくの
はい
平野さん
ギターを始めたんです

……なんで!?

ギターと出合い、音楽の道へ

ギター画像
突然のギターとの出合いで音楽の道へ

美容師を辞めた平野さんが次に始めたのはギターでした。と言いつつも、なぜギターなのでしょうか。

たくの
それにしても、突然ギターが出てきましたが、弾いたことはあったんですか?
平野さん
いえ、全然

そうだとしたら、なおさら、なんでギター?

平野さん
美容師を辞めたその日、道を歩いていたらギター屋さんがあったんです
たくの
はい
平野さん
「これだ!」って思って
たくの
おお……
平野さん
ギターを買ったんです

理屈じゃない、本能。考えるんじゃない、感じろ。これが「インスピレーション」というものなのかしら……。

平野さん
それで、当時好きだったJUDY AND MARYの曲をカバーしようとしたんです
たくの
おお、JAM!(世代や!)
平野さん
でも、初心者には難しくて(笑)。「弾けるか!」ってなって、少ないコードで弾ける簡単な曲から練習を始めました

うん、いきなりJUDY AND MARYはハードルが高い気はします(汗)。といっても平野さん、ものすごい行動力です。それにしても、いくら簡単な曲とはいえ、どのようにして練習したのでしょうか。

たくの
練習は、もちろん独学なんですよね? その、音楽の授業で習うような「楽典」的なことは一切学んでないわけですよね
平野さん
そうですね。最初は本屋さんに売っている初心者向けのギター教本で勉強しました。それで、ご縁あってAERAの志村さんが運営するスタジオに出入りするようになったんです

>>AERA・志村さんについてはこちら

教本だけで勉強するのも大変だし、スタジオに入った方が練習に集中できそうですよね。

たくの
スタジオではどういう感じで練習していたんですか?
平野さん
実際にギターを弾いている人たちの“手”を見て学びました
たくの
“手”を見る!? “教えてもらう”じゃなくて?
平野さん
そうですね。それで、弾き方を覚えた感じです

平野さん、実はすごい能力の持ち主なのでは……?

父を亡くしたツラさを歌に

歌う平野さん画像
ギターで弾き語りをする平野さん

実は平野さん、美容師時代の後期に突然お父さまを亡くしていました。

身近な家族を亡くした現実から、平野さんは気持ちの吐き出し方が分からなくなっていました。当時、人間不信にもなっており、本音で人と話せなかった平野さん。

そんな彼女を救ったのは、ギターでした。

平野さん
ツラい時にギターを触っていたら、いきなり“言葉”が出てきたんです
たくの
言葉?
平野さん
はい。その時に感じていた気持ちをギターの音とともに、言葉として吐き出すことができたんです
たくの
メロディに乗って言葉が出てくる……みたいなイメージですよね
平野さん
そうですね。それで、『メモリー』という楽曲ができたんです

ん? ちょっと待って?

たくの
あれ、作曲経験は……?
平野さん
なかったです
たくの
じゃあ、鼻歌でメロディを録音か何かして作ったわけですか?
平野さん
そうですね……。でも、簡単なギターコードは覚えていたので。細かいところは周りに修正していただきましたが、自分の知っているコードの範囲内で作ったと思います

やっぱり、ただ者ではないですよ、平野さん。

たくの
それで、ギターだけじゃなくて歌も始めたわけですね
平野さん
そうなんです
たくの
平野さんにとって、歌って何なのでしょう? 仕事……になるんですか?
平野さん
うーん、仕事というよりは……私自身?
たくの
私自身?
平野さん
自分を表現して残すもの、ですね

その発想、まさにアーティストですよ!

歌の世界を魅せるために光を学ぶ

照明の画像
平野さんが参加するチームが演出した照明

アーティスト・平野有紀を象徴するエピソードは、まだあります。

平野さん
自分の音楽の世界を完成させるために、照明を学んだんです
たくの
あ、歌のスキルを磨くとかではなく?
平野さん
はい、照明です。照明デザイナーに弟子入りして、「オーバーヘッドプロジェクタ(OHP)」を学びました

OHPとは、透明のシートに文字やイラストを描き、光を使ってスクリーンに映し出す技術のことです。

平野さん
師匠の所属する照明チームを手伝いながら、機材の使い方や技術を勉強したんです
たくの
もちろん、照明の経験はなかったんですよね
平野さん
はい。師匠や周りの手つきを見ながら覚えました
たくの
「見て覚える」のが得意なんですね
平野さん
そうかもしれませんね(笑)。美容師を経験していたからか、周りから技術を“盗む”ことに慣れてしまったのかも

歌を表現するために照明を一から学ぼうとする気持ちと、しっかり行動に移せる平野さんがスゴすぎます……。

たくの
今でも、照明のお仕事はなさっているわけですよね
平野さん
はい! ライブハウスで照明の演出をしたりもしていますよ

なるほど。

たくの
照明を学んでいる間は、そこでお金も稼いでいたのですか?
平野さん
いえ、当時は派遣で働いていました
たくの
あ、そうなんですね
平野さん
その頃、祖父が亡くなって、畑を継ぐことになったんです

……え!? ギターに、歌に、照明、これだけでも十分なのに、まだ何かあるの?
というわけで、平野さんのお話は後編へ続きます。

ライターについて

ライター宅野美穂
東京都生まれ。宣伝会議 編集・ライター養成講座32期受講。都内を中心にライターとして活動中。

主な執筆ジャンルはグルメ、インテリア、ファッション系などさまざま。趣味は読書と音楽鑑賞。ポルノグラフィティと推理小説があれば生きていける30代。

飲食関連の仕事に関わったことがきっかけで興味がわき、今は料理や食材について勉強中。よろしくお願いいたします。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

  • 人気の記事
  • ピックアップ記事
  • カテゴリー一覧
  • 話題のキーワード
Return Top